近所で気軽に通える塾が減った現状について

職場の同僚の子供が、今年小学4年生になりました。

四年生になった事もあって、市内で通える個人塾がないか相談をうけたのです。

駅前には沢山あるんですよ、○○中学合格率○パーセント!とか大きな文字で書いてあります。

私が子供の頃(同僚も同じ年)は、近所に個人経営の塾がたしかにありました。
以前は教師をされてて、定年になって自宅で教えてる塾がたしかにありました。

今では、合格率○パーセントなどの良い中学に受験したりする塾が増えたんですね。

言われるまで考えもしなかったです。

同僚の考えでは大きな塾になると、はちまき巻いてエイエイオー!の掛け声で競争心を
持たせて熱血なイメージがあるようです。

たしかに私も同感です。

塾に通わせたいけど、落ち着きがないから周りの子に迷惑かける事を考えてしまって
通わせたいけど通えない状態だと相談をうけました。

低学年で勉強の基礎を学ぶと思っていただけにあせってるようです。

今の時代も子育てしずらくなったのかな、と感じました。
そんな時代に子育てをしてるママさん達にも、すごいなと思いました。

家で教えるのも限界があるし、私が子供の頃と大きく変わったと感じた瞬間でした。

近所で気軽に通える塾が減った現状について